◆◆◆◆ 貴金属 ロウのご案内 ◆◆◆◆

① 金ロウ・② ピンクロウ・③ 白金ロウ・④ 銀ロウ

 販売対象:一般 [ 個人 ]・業者 [ 法人・個人事業主 ]

■ 井島貴金属精錬株式会社は JGMA:日本金地金流通協会 正会員の貴金属 地金商であり貴金属 素材加工企業です ■
創業 東京都 : 1939年12月15日

■ 井島貴金属精錬株式会社の東京本社工場は東京都の認可工場です。[ 認可番号:第70号 ] 


井島貴金属精錬株式会社では、お客様のご要望に合った貴金属ロウの開発に努めております。
色流れ等で、より優れた新しいロウ材を開発
発売させていただいておりますので、
どうぞご検討のうえ、ご利用くださいますようご案内申し上げます。
 
尚、井島貴金属精錬株式会社は、お客様のご要望に沿ったロウを今後とも
開発してまいる所存でございますので何なりとご要望をお申し付けく ださい。
また、店頭におきまして「金・合金色見本」や、ロウ材の使用見本を展示して
おりますので、ぜひご覧ください。




■貴金属ロウは大きく分けて4種類御座います■

①金ロウ ②ピンクロウ ③白金ロウ ④銀ロウ(※Cdフリーロウ材のすすめをご参照下さい)

※全ての貴金属ロウにはNiは含まれていません。cdf表記はカドミは含まれていません。

① 金ロウ

◆当社で扱っている金ロウ(6種類)は以下になります。

1:K18ロウ
2:K16ロウ
3:K14ロウ
4:K12ロウ
5:K10ロウ
6:K9ロウ

◆ 更に当社で取扱いのある金ロウは、
各品位のロウごとに「AとB」との2種類があります。

A:ロウ自体の色が黄色味が掛かっておりますので、

銀分の多い割金を使用した合金等に向いております

B:ロウ自体の色がやや赤味が強く銅分の多い割金を使用した金合金

に向いております。(詳細は下記の表をご参照下さい)

融点につきましては、大体「K18⇒K16⇒K14⇒K12⇒K10⇒K9」
と品位が低くなるほど、融点(作業温度)は低くなります。
また「AとB」とでは大体「B」の方がやや低くなります。

形状の通常在庫のあるものは、鈑ロウと粉ロウです。
※粉ロウにつきましてはグラムあたり+60円となります。
また線ロウは、どのようなサイズでもお受けしてからの加工とさせて頂いております。
ロウ材は「2g・5g」単位での販売のみとなりますので、ご了承下さい。
2gより5g、がよりお買い得になっております。

ロウ材価格表.pdfはこちらから。

② ピンクロウ

◆当社で扱っているピンク用ロウ(4種類)は以下になります。

1:K18ロウ
2:K16ロウ
3:K14ロウ
4:K10ロウ


イエローゴールド用のロウより融点が高くなりますので、
K14・K10ピンクロウが使用しやすいです。

ロウ材価格表.pdfはこちらから。


金ロウ・ピンクロウ

品名 種類 溶解点(℃) 作業温度 用途 仕様1 仕様2 仕様3
K18ロウ A 800~868 900 K18 (Ag) (9:1) (8:2)
K18ロウ B 788~831 870 K18 (5:5) (4:6) (3:7)
K16ロウ A 750~822 850 K18 (Ag) (9:1) (8:2)
K16ロウ B 740~783 820 K18 (5:5) (4:6) (3:7)
K14ロウ A 680~787 820 K18 (Ag) (9:1) (8:2)
K14ロウ B 680~760 800 K18 (5:5) (4:6)  
K12ロウ A 650~750 790 K18 (Ag) (9:1) (8:2)
K12ロウ B 680~750 790 K18 (5:5) (4:6) (3:7)
K10ロウ A 620~722 760 K14 (Ag) K10 (Ag)
K10ロウ B 600~660 700 K18 (5:5) (4:6)  
K9ロウ A 600~710 750 K14 (Ag) K9 (Ag)
K9ロウ B 658~750 790 K18 (5:5) (4:6) (3:7)
K18ロウ ピンク 888~901 941 K18 (ピンク)    
K16ロウ ピンク 780~820 860 K18 (ピンク)    
K14ロウ ピンク 650~780 820 K18 (ピンク)    
K10ロウ ピンク 578~774 814 K18 (ピンク)    
シャンパンロウ 870~920 960 K18 シャンパン    
シャンパンロウ 680~830 870 K18 シャンパン    
WGロウ 1165~1170 1200 K18WGNo.9用      
WGロウ 910~920 960        

③ 白金ロウ

◆当社で扱っている白金用ロウは9種類あり、融点の高いものから低いもの、
また色調も多少違いがあります。


加工用途により各種お選びいただけます。
形状は金ロウと同じく鈑ロウと粉ロウ(2g・5g単位での販売)があり、
線ロウは受注加工させて頂きます。(線ロウは、50gよりお受けしております)
※粉ロウはグラムあたり+60円の値段となります。

WG合金のロウ付けには、低温用Ptロウ(D・E・F)などがお勧めです。

ロウ材価格表.pdfはこちらから。


白金ロウ

品名 種類 溶解点(℃) 作業温度 用途
Ptロウcdf  No.3 1490~1510 1560 純Pt製品専用
Cd フリー
Ptロウcdf No.5 1520~1540 1590
Ptロウcdf No.6 1550~1570 1620
Ptロウcdf A 1105~1115 1150 Cd フリー
Ptロウcdf B 1196~1231 1280  Cd フリー
Ptロウcdf D 870~920 960 Cdフリー、WGロウとして使用可
Ptロウ E 680~830 870 ブラック・ブラウンも可 
Ptロウ F 877~880 900  
Ptロウcdf 粉末 1035~1051 1090 Cd フリー

④ 銀ロウ

◆当社で扱っている銀ロウは4種類あります。


種類は「三分銀ロウ・五分銀ロウ・七分銀ロウ・特に融点を低くした特殊銀ロウ」
がございます。
銀ロウの販売単位は、1枚10gと50gとなっております。
融点は三分銀ロウ⇒五分銀ロウ⇒七分銀ロウ⇒特殊銀ロウの順で、低くなっております。

ロウ材価格表.pdfはこちらから。


◆銀ロウ[日本仕様]◆

品 名
Agロウcdf

 
Agロウcdf
   
Agロウcdf Agロウ
種 類

3歩

5歩 7歩 特殊
溶解点(℃) 715~790  705~800
695~800 

540~650 
用途       

 赤銅・四分一

   

■銀ロウ[ヨーロッパ仕様]、Cd:カドミ フリーロウ材はコチラ


◆宝飾用 フラックス MG FLUX No.500

直ぐに使える ねり型
必要なときに必要な分だけ溶かして使える粉型があります
ロウ付加工の為の補助材としてご使用下さい。

<フラックス>

金属の表面には大気中では目には見えない酸化被膜が形成されています。
これがあるとろうはぬれません。そのためこれを除去する必要があります。
その役目がフラックスであり、炉中ろう付けでは雰囲気(水素や真空など)になります。
フラックスの選定はろう材と同様に重要で、フラックスの選定でワークの仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。

  • 1:母材の素材に適しているか
  • 2:フラックスの活性温度と作業温度が適しているか
  • 3:工法に適したフラックスが選定されているか
  • 4:ろう材に合ったフラックスが選定されているか
  • 5:母材との親和性があるか

品 名
ねり型(NO.500)

ねり型(NO.700) 粉型
値段(税込み)
¥1980

¥3630 ¥1980
用途 ロウ付け加工補助材

ロウ付け加工補助材

ロウ付け加工補助材

◆酸化防止剤 イジマキーピング

※販売終了致しました。
金属の色の変化・色調を強力に保護します。
ロウ付加工の際の酸化防止剤としてご使用下さい。

ロウ材価格表.pdfはこちらから。


◆ 見積もり依頼はメールで、お願いいたします ◆




現在150円/gの表は御座いません
こちらを参考に計算を
お願い致します

このサイトの最新更新日は
2022年05月24日です
このサイトの価格は全て税込です
対象は個人・法人・個人事業主

■銀板・銀線 お問合せ
東京本社 営業部
9:00~12:00・13:00~15:00
TEL:03-3803-1301